千葉での葬儀と告別式の違いとは?それぞれの意味を解説。

大切な人が亡くなった後、家族はその悲しみの中でも多くの事を行っていかなければなりません。

そのため目の前の事を行う事で精一杯で後からこうすればよかった、ああすればよかったと思う人も少なくありません。

事前に出来る事、知っておいた方がいい事は把握しておくと良いでしょう。

▽関連サイト案内:千葉県在住、そろそろ葬儀について準備を始めようとしている人

さて、その行わなければならない多くの事ですが、その中でもとりわけ大きなものはお通夜や葬儀・告別式でしょう。

この葬儀・告別式は同じ意味でとらえられがちですが実はこの2つは厳密には異なっています。

お通夜が開けた場合、翌日の日中に葬儀・告別式を行うことになりますが、この2つは厳密には異なっています。

この点を理解しておかないと混乱してしまうと思うので、それぞれの意味を理解しておくことは重要になります。

▼葬儀と告別式はどのように違う?

葬儀はどういったものかというと、遺族が亡くなった人の冥福を祈って葬る儀式になります。

これは亡くなった人や遺族の信仰する宗教などによってルールは変わってきます。

それに対して告別式は、葬儀の後に会葬者全員で個人をお墓まで見送ってお別れをする儀式になります。

ただ、現在では告別式は葬儀と一緒に行われることが多いようです。

また、葬儀を家族などで行って告別式は別日に行うというケースもあります。

▼告別式は誰でも参列することができる。

葬儀は遺族の希望によって遺族のみで執り行うことがありますが、告別式は原則として誰でも参列することができます。

そのため「あまり付き合いがなかったけれども以前お世話になった」という場合でも参列することが可能です。

ただ、最近は通夜のみに出て、告別式には参列しないという人も多いようです。

告別式は誰でも参加できますが、基本的には故人の親族や親戚は通夜から告別式まで参列します。

葬儀と告別式は同じ場所で行う場合と、それぞれ違う場所で行う場合があります。

そのどちらを選択するかは自由なので、そこは喪主の判断になります。

ただ、葬儀と告別式を別々に行う場合でも、準備は葬儀社で行ってくれるのでそこまで負担はかかりません。